Google
 

  ★☆★   カテゴリー   ★☆★

       ↓ open で 内容を展開します!

       ↑ close で 折りたたみます!

どんぐり = トトリ ⇒ 鳥取?

2006.08.04(22:46)
今年の家族旅行で鳥取の淀江町の『米子市淀江歴史民俗資料館』の係りの方から、山陰地方は大和文化圏とは異なって、大陸と繋がりが深い独自文化があったのではないかということ、そして弥生人はどんぐりを食していたという説明を一通りお聞きした後、
「ハングルでドングリのことを『トトリ』とうのだけれど、その音が『鳥取』の響きにも似ているんですよ。」
ということも教えていただきました。

面白い話だと思い、帰宅してから事の真相を追ってみたら、それは『町おこし』の一つの取り組みだということがわかりました。

農林水産省 中国農業試験場の平成8年度の研究成果の中に、『ドングリの利用技術と澱粉の特性』事例が報告されていました。その[背景・ねらい]の中に、

『鳥取県と韓国江原道との交流の中で、韓国ではドングリの加工品を食し、ドングリのことをトトリと発音し鳥取を連想させるところから、中山間地域にみられるドングリを用いて鳥取県の特産品として開発しようとするものである。』

とありました。


また、財団法人 地域活性化センターが発行している月間『地域づくり』の1999年4月号の特集に『特産品、成功の秘けつを探る』の記事の中に

『いい商材がないなら作ってしまえ、と考えていたところに「どんぐり」の話が転がってきた。 どんぐりとの出会いは、人との出会いでもあり、新しいまちづくりを生むきっかけともなった。
 折しも鳥取県が韓国の江原道と友好提携を結んでいたことから、韓国へのチャーター便が頻繁に飛び交っていた当時、商品開発に悩む私に、ある人から「韓国ではドングリのことをトトリというらしい。健康にもよいらしいから、日韓親善でどんぐり商品でも作ってみたら」というアドバイス。そのときからどんぐり商品の開発がスタートした。』

と商品開発の経緯が述べられていました。


ということで、経緯がわかって一件落着。(^_^)v

トトリを調べていたら、「となりのトトロ」の『トトロ』も『トトリ』が語源であるような説があることを知り、トトリの奥の深さを知りました。




ジャンル:旅行 テーマ:国内旅行

<<見直されるブナの森 | ホームへ | 大山方面 家族旅行 第3日目>>


この記事へのコメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rosette3.blog20.fc2.com/tb.php/140-3c2b8616
| ホームへ |
Profile

ロゼット



  • Author:ロゼット
  • 2005年9月にブロガリから引っ越してきました。
  • バラの写真集見てね!

  • ランキングに参加中 ポチッとよろしく!


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 薔薇*バラ*ROSE♪へ
薔薇*バラ*ROSE♪

Side Blog

サイドブログもよろしく!

ブログ全記事表示
Monthly Archives

Comment

Recent TrackBacks

Blog People


♪ 私をリストに追加してね ♪
このblogを BlogPeopleに追加

TrackBack People