Google
 

  ★☆★   カテゴリー   ★☆★

       ↓ open で 内容を展開します!

       ↑ close で 折りたたみます!

効果大!『ゆずりあいゾーン』

2006.09.30(22:14)
本日、好天の下、娘の小学校では運動会が開催されました。
下の写真は、6年生の組み体操でのクライマックス『巨大ピラミッド』です。
ピラミッド
去年に引き続き今年も6年生が頑張っていました。

ところで、今年はPTAも頑張りました。といっても競技ではありません。

例年、席とりをされる保護者が開門前から並び、長蛇の列をつくり近隣の住民の皆様に迷惑をかけるということがありました。
その行列解消と児童数急増に伴う観覧席の狭さへの対応策として、取り組まれたのが『ゆずりあいゾーン』の設置でした。

どういうものかと申しますと・・・

観覧席前方にブルーシートを敷き、そのシート内では、そのとき競技をしている学年の保護者を優先して利用していただく。
各学年の競技のたびごとに、お互い譲り合ってこまめに交替していただき、一人でも多くの方が近くでご覧いただく。
その目的上、場所とリや専有は禁止。(日傘・三脚・脚立などの利用も禁止)


この新たな試みが成功するか否かは『保護者のゆずりあう気持ち』に左右されるため、いかなる結果になるのか当初は不安でした。

しかし、そんな心配は不要でした。
各競技前の効果的なアナウンスも手伝って、皆さん自主的にゆずりあい、このゾーンを有効的に活用されていたのです。
「そろそろ出番やなぁ・・・前に行って観て来るわぁ・・・」
ってな感じで!

運動会終了後
「我が子の演技を前方で見られて良かった!」
「朝早くから並ばずに済んで、オマケに競技がよく見えて助かった!」
「来年もやってほしい!」
というのが大半の意見でした。

去年までの朝の行列(昨年は門から学校の外周にズラリと行列ができ開門を早めるという措置が必要でした)も解消され、開門時間に並んでいた方は10名前後。
殆どの方が『ゆずりあいゾーン』の利用を見込んで並ばれなかったのです。

今時の若い保護者は・・・
なんてよく言われますが、この国の若い世代もなかなか捨てたものではないのです。

前日のシートの設置、運動会後の後片付けなど、少しの手間はありますが、これだけの効果があがればその苦労も報われます。

役員・実行委員・各委員の皆さん、頑張った甲斐があったよねぇ!
ご苦労様でした。
今日は早く寝よう!




ジャンル:学校・教育 テーマ:運動会

<<地区運動会に訪れたVIPは誰? | ホームへ | さてこの植物は何でしょう?>>


この記事へのコメント
 
運動会、ご苦労様でした。

ゆずりあいゾーンは最初はイメージできなかったけど 大きな揉め事もなく使えましたね。

ただ、手放しでは喜べなかったのが私の感想です。
一番前のおばちゃん(私よりひとまわり上くらいの人)が膝立ちで、カメラのフレームに入ってくるし~
最後の方になると要領を得た人たちが 前の競技から待ち構えていたり。(兄弟で出番が続く人もいますが)

一番考え直さないといけない点は、ゆずりあいゾーンの後ろにシートを敷いた人がおきざりになっていることでしょうか。
ゆずりあいゾーンの中で立つ人が多いから その後ろで座っている人には中の様子が全く見えず。
なので、出場している学年の親だけの時間になってしまっているような気がしました。

他の学年の競技や演技も皆で観たり、応援したりしてこその運動会と思うのですが、いかがでしょう?

組み立て体操は、長女が去年できなかった演技が今年は出来たので 思わず涙が出そうになりました。
ピラミッドは 去年よりは小さいものの、完全にできるようになるまで 大変だったそうですよ。

役員さん、委員さんの毎年のご苦労があるからこそ 感動もたくさんできます。
こんな意見もあったよとお伝えいただければうれしいです!
【2006/10/17 14:52】 | ぶきっちょ #aOQseIdA | [edit]
 マナーの問題だからなぁ・・・
* ぶきっちょさん *
ご意見色々ありがとう!

実行委員の中では、保護者よりもジジババのマナーが悪いという感想もありましたね。(^o^;)

文字通り『ゆずりあい』なので、これを成立させるためには、一人ひとりの気持ちが重要。
膝立ちや三脚使いのカメラ撮影は、心が狭い可哀相な人だということですね。

学級委員さんにもそこらへんの注意喚起はお願いしていたんだけれど、午後になって最高学年6年生の見せ場が続く頃に難しくなってきたみたいだね。

こういう場は、保護者の『社会人としての資質』を子ども達に見せる場でもあるので、そういうことをしていると恥ずかしいんだけどなぁ・・・

実は、今年PTAでは保護者へのマナー向上・意識向上を重点的にせめています。
運動会前のお手紙は今年の役員さんが相当練って中央にも『学校は学びの場です』なんて一部手書きで記入されるなど、印象的なお手紙になっていたと思います。

しかし、万民に伝えるのって難しいなぁ(-_-)
だけど『来年もやってほしい!』という声が大半だったので、改良すべき点は改良して、次年度に引き継ぎます。
(ブルーシートは最前列に敷けなかった所も敷けるように買い足す予定だそうです。)
【2006/10/17 23:22】 | ロゼット #vvsIGHJo | [edit]
 
保護者は文句ばっかり言ってなかなか協力しないですもんね。
今は私もその一人かも(笑)

本当、保護者から躾けていかんとあきません。ただそれができないもどかしさ・・・
役員さん、ご苦労様です。

実際お手紙も熟読してる人も少ないでしょうしね。
作る方の試行錯誤してる気持ちってなかなか伝わりませんね。

ゆずりあいゾーンの後ろの人も見学できるような ナイスアイデアを来年度の役員さんに練っていただけるようお願いしておいてくださいね(笑)
【2006/10/20 12:57】 | ぶきっちょ #aOQseIdA | [edit]
 ゆずりあいゾーン使ってもいいんだよ!
* ぶきっちょさん *
こんばんは~
ゆずりあいゾーンの後ろってそんなに、見えにくかったのかなぁ・・・
ゆずりあいゾーン自体が、案外スキスキで(シートの後方)、もっと対象学年以外の人も使っていただいて良かったのに・・・という感じだったんだけどなぁ。

ゆずりあいゾーンの後方まで人がいたわけではなかったので、去年より随分見やすさについては改善されて様に思いますが・・・
私も後ろで見ていた一人です。

アイディアねぇ・・・
待ってるでぇ! (^^♪
遠慮せんといてなぁ!
【2006/10/21 23:15】 | ロゼット #vvsIGHJo | [edit]
 
私の座ってた位置が悪かったのかな?
体育館よりのコーナーの所で、ちょうどゆずりあいのシートが途切れていたので座ってる我々の前に人がいっぱい立ってたんですよね。

気が弱いから(笑)座ってくださいとも言えず(じっと見つづけるわけでもないしね)そのうちやけっぱちになって「影を作ってもらえていいわぁ~」なんて言ってたりして(笑)

ゆずりあいシートの真後ろではなかったから 真後ろだったら見れていたんですね。
すみません。

来年は我が家の出場者も一人になるので また見学方法を考える事にします!
【2006/10/24 08:12】 | ぶきっちょ #aOQseIdA | [edit]
 そうそう体育館前は大変だったようです
* ぶきっちょさん *
そうそう、体育館前、特にゴールに近いところにシートが敷けなくって混乱していたみたいだね。
それは話題になってたわぁ。

来年はブルーシート購入してそこも敷くということになったし、少しは改善できるかもよ。

あと体育館前は観客席になっていたので、西側の子ども達はの演技は見えたけど、東側の特に後方の子どもの演技が見えないということも話に出ていたわぁ。

うちの子も、背が高くって演技は後ろの方、それも東側だったので全く見えず。
今回は3年生隊形移動があまりなく、ず~と後ろのままでホントに見えなかったんです。
「まぁいいか、マスゲームだから全体の構成を楽しもう!」と頭を切り替えて全体の演技を冷静に見ていました。
それはそれで良かったかもよ・・・

ただ『東側に観客席』というのは準備用のテントなどがあって、難しそうなんだよねぇ・・・

『児童席の後ろに席を設けてほしい』という意見も聞きますが、これも防犯の観点(変な人が多いからねぇ)から、無理ということです。


さぁ、そろそろ『指名』が動き出す時期です。
どやさ! (^^♪
【2006/10/24 13:00】 | ロゼット #vvsIGHJo | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rosette3.blog20.fc2.com/tb.php/147-70b994fa
| ホームへ |
Profile

ロゼット



  • Author:ロゼット
  • 2005年9月にブロガリから引っ越してきました。
  • バラの写真集見てね!

  • ランキングに参加中 ポチッとよろしく!


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 薔薇*バラ*ROSE♪へ
薔薇*バラ*ROSE♪

Side Blog

サイドブログもよろしく!

ブログ全記事表示
Monthly Archives

Comment

Recent TrackBacks

Blog People


♪ 私をリストに追加してね ♪
このblogを BlogPeopleに追加

TrackBack People