Google
 

  ★☆★   カテゴリー   ★☆★

       ↓ open で 内容を展開します!

       ↑ close で 折りたたみます!

万博 自然文化園の梅

2007.02.14(12:33)
先日の休日(2月12日)に万博の梅園に行ってきました。

万博記念公園の梅
太陽の塔もうれしそう♪

青空と梅

お天気が良くって、白梅と青空のコントラストが素敵です♪

梅の花1

今年は暖冬ということもあり、どの梅も開花が早いような気がします。

梅の花2

梅林を散策していると、梅の香りが濃厚に溜まっている場所もあって、本当に気持ちが良かったです。

梅の花(一重)
一重の梅も清楚でいいなぁ~♪

梅の花(紅梅)


↓ ここからは娘が撮影した梅の花
古いコンデジを渡していたら、私の真似をして撮影してくれてました。
背が低い分、大人と違ったアングルが楽しめます♪

私が撮っていなかった枝垂れ梅
枝垂れ梅(by 娘激写)
撮っててくれたのね・・・ありがとう!
こちらはボチボチ咲き出したところですね。

白梅(by 娘激写)

紅梅(by 娘激写)

白梅2(by 娘激写)

特に古いコンデジなので、手振れもしやすいだろうに・・・、よく撮れたよね。私の強い味方になりそうです。




ジャンル:趣味・実用 テーマ:樹木・花木

<<銀葉アカシア(ミモザ)咲き進んでいます♪ | ホームへ | 謹賀新年>>


この記事へのコメント
 春ですな~。
実はだんなが「バラ作りでもはじめようかと・・」などと言い出し、図書館でバラの本を大量に借りたりしてるんだよね。で、「そういえばロゼットさんちもバラが見事で、blogもあったよ~」と話題になってたので久しぶりに遊びにきました。だんなも「よく見りゃほんとにバラだらけやったわ」と感心してました。で、肝心のバラつくりですが、いっこうに始まる気配は無く、「いつから始めるの?」って聞いたら、「せやな~。定年後かな~。」だってさ。そのときは、ぜひ、弟子入りさせてやってくださいね~。
【2007/02/23 11:55】 | むかごの娘(で解るかな?) #- | [edit]
 うふふ♪ 待ってまっせぇ!
* むかごの娘さん *
こんにちは♪ ホントに暖かいねぇ!
我が家では2月に入ってから剪定と寒肥を施しました。
でも実は全部剪定が終わっていなくって、結構焦っているんです。

茨木市は4月の緑の日あたりに、バラ苗の無料配布があります。
4月の広報誌に募集があって当選者が対象になります。
ちなみに、私はこちらに越してきてから外れたことがありません。

初心者向けの病気に強い育てやすい種類の苗が配布されるから、一度応募してみたらいかがですか?

私がいただいたバラは「ストロベリーアイス」「イブピアッチェ」「プレイボーイ」「ラブ」などです。

バラはホントに色んな品種があるから、ハマってしまうかもよ。奥が深いネン。

バラの本は沢山手元にあるからいつでも声をかけてね!
【2007/02/23 17:04】 | ロゼット #vvsIGHJo | [edit]
 バラ苗の配布要項は3月の広報誌だよ!
* むかごの娘さん *
追伸です。

今年は一ヶ月早く茨木市の3月の広報誌にバラ苗の無料配布についての要項が掲載されていました。
で・・・、
今年の配布場所は『彩都あさぎ里山公園』になっています。

実は長年、配布場所は『中央公園』だったのですが・・・、
もしかしたら、不公平感がないように色々場所の変更をされているのかもしれません。

去年は『若園公園のバラ園』でした。

う~ん!『彩都』まではとても遠くて行けませんわ~。
【2007/02/27 22:50】 | ロゼット #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rosette3.blog20.fc2.com/tb.php/157-ac790a90
| ホームへ |
Profile

ロゼット



  • Author:ロゼット
  • 2005年9月にブロガリから引っ越してきました。
  • バラの写真集見てね!

  • ランキングに参加中 ポチッとよろしく!


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 薔薇*バラ*ROSE♪へ
薔薇*バラ*ROSE♪

Side Blog

サイドブログもよろしく!

ブログ全記事表示
Monthly Archives

Comment

Recent TrackBacks

Blog People


♪ 私をリストに追加してね ♪
このblogを BlogPeopleに追加

TrackBack People