Google
 

  ★☆★   カテゴリー   ★☆★

       ↓ open で 内容を展開します!

       ↑ close で 折りたたみます!

最愛の父 逝く

2009.05.22(23:12)
5月14日(木) 9時56分 最愛の父が突然に逝ってしまいました。
大正15年生まれの父。青年期の大変な時代を乗り越えた83歳の生涯でした。

昨年の夏、医師より認知症との診断が出、夏に薬(パキシル)が合わず(幻覚もでました)、果てに脱水症になり入院。
秋には心身ともに回復、比較的元気になったものの、年末年始に再び躁鬱の波があり・・・、
掛かった心療内科の先生が良い先生で、再び復調し2月からは機嫌よく生活を送っていました。

4月は桜通りまで桜を見に散策したり、5月8日も茨木の若園バラ園に一緒に出かけたり・・・。

一緒に散策した若園バラ園
2009.5.8
父と出かけた最後の若園バラ園
父母が一緒に写る最後の写真となってしまいました。


が・・・、先週ひいた風邪(検査の結果、インフルエンザではありませんでした)が83歳には厳しかったようで、思いもかけず息を引き取ってしまいました(死因は肺炎)。

38度の熱が出たのは11日深夜。
この日のお昼も、「満開のバラを見たい」と、母と一緒に若園バラ園まで出かけていました。

翌日、掛かりつけ医で点滴や酸素吸入を行っていただき、「家で過ごしたい!」という本人の意思で入院はせず自宅療養をして過ごしていました。

急変したのは14日未明、救急搬送された病院のICUにて母と私に看取られ逝ってしまいました。


16日に告別式を済ませたあと、今週は母と共に諸々の手続きや整理を行っています。
ここ大阪は、只今 新型インフルエンザの対応で学校が休校となっています。
そのおかげで、かえってゆっくり落ち着いて実家で過ごすことが出来ています。


あらためて父の部屋を探検してみると、今まで作ってきた俳句の資料、そして日記が・・・、残された私たちに分かるように整然と整理されていたのです。

調子の良かった2月3月に頑張ってやっていたんだなぁ・・・
「本当に凄い人やなぁ・・・」 と思いました。

↓ 昨年、体を壊してからの俳句手帳

俳句手帳
『病床つれづれ ありのままの俳句』 とあります。


その手帳の表紙の見開きに、自分に言い聞かせるように・・・
次の言葉が張り付けてありました。

俳句手帳の見開き1

老いてゆく自分、思い通りにならない心と体・・・。
本当に、もどかしかったんだろうな・・・と思います。

俳句手帳の見開き2

だけど、俳句手帳の中は、最後まで前向きで・・・、
今を生かされていることの有難さ、
万物に対する感謝の念で満たされていました。

療養中の「今の心境」を込めた代表となる句になるのでしょう・・・
↓ こちらの二句も表紙裏に張り付けてありました。

俳句手帳の見開き3


↓ こちらは、兄が1歳になった頃の随筆のようです。
『吾子の記』 とあります。
(画像をクリックすると拡大表示します。)

随筆 『吾子の記』


この随筆には以下の句がおさめられています。

結核療養時代 結婚できるか否かわからない状況の下で、
『木の葉髪 病めば跡継ぐ一子欲し』


母の妊娠出産に際し・・・、
『毛糸編む この胎動は私のもの』

『春を待つ 胎児のものを買い蓄めて』

『産院の母子に朝の若葉光』


兄が歩き始めた喜びを・・・、
『炎天下 怖れを知らぬ 児の歩み』

『秋晴れや 母の手拒む 児の歩み』


子どもの健康をを心配して・・・
『風邪の子の 咳く度び 吾の身に響く』

『風邪熱の児を抱き 切に 夜明け待つ』

『風邪の子に 与うる乳房 丸出しに』


「三つ児の魂百まで」これからの教育が一番難しいとして・・・
『すぐ真似る 幼児怖ろし 蠅叩』


そして、

子供を教育するということは、自分自身を教育することでなけれなならないと思う。
親は子の良き肥料。親は子に良き環境を作ってやらねば、と思う今日この頃である。


と締めくくってあります。


そして長い年月が経過して、今・・・、


私は、本当にその見事な肥料っぷりに脱帽しています。

子は親を選べないといいますが・・・、

この両親の間に私たち兄妹が如何に祝福されてこの世に生を受け、そして愛情いっぱいに温かく見守られ育てられてきたことか・・・。

感謝しても、し尽くせない気持ちです。


母と私たち兄妹はよく父の俳句の題材になってきました。
その中で、私の好きな句 二句 と 晩年の父の心情をあらわした一句で今日の投稿を締めくくりたいと思います。

『草の絮 とぶよ 子が吹き 母が吹き』

『秋灯下 使いなれたる 裁ちばさみ』

『人は皆 ひとり旅立つ 西行忌』



お父ちゃん 今までホンマにありがとう!
お父ちゃんの様に立派な親になれるか不安やけど・・・
これからも見守っててや!





<<父の一周忌法要&納骨 | ホームへ | バラの季節のアプローチ♪>>


この記事へのコメント
 素敵なご両親ですね。
こんにちは。
めちゃめちゃ久しぶりに訪問したため 自分のハンドルネームを忘れちゃうありさま・・・v-27

近所に住まう中学生2姉妹の母でございます


ロゼットさんのお人柄は こんなに素敵なご両親の下で育ってこられたからなんだな~と
感じました。

自分は子供に何一つ誇れるものはないけれど
今からでも何か見つけていきたい、そんな風に感じました。

お父様のご冥福をお祈りいたします。



私のことわかったかしら~???

【2009/09/09 14:03】 | お久しぶりです #- | [edit]
 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/12/15 14:14】 | # | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rosette3.blog20.fc2.com/tb.php/274-ecb06bfd
| ホームへ |
Profile

ロゼット



  • バラの写真集見てね!

  • ランキングに参加中 ポチッとよろしく!


にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 薔薇*バラ*ROSE♪へ
薔薇*バラ*ROSE♪

Side Blog

サイドブログもよろしく!

ブログ全記事表示
Monthly Archives

Comment

Recent TrackBacks

Blog People


♪ 私をリストに追加してね ♪
このblogを BlogPeopleに追加

TrackBack People